So-net無料ブログ作成

網走番外地 放送禁止? [2013年6月]

スポンサーリンク




2013年6月24日からの午後のロードショーでは、
大雪原の対決 3日連続・高倉健!と称しまして、
網走番外地が放送されます!

網走番外地は全部で何種類あるのでしょうか?
Wikipediaで調べてみました。

網走番外地 (東映) - Wikipediaより引用:



石井監督作品 [編集]

※1965年度 (65年4月~66年3月)、1966度(66年4月~67年3月)

他監督作品 [編集]

  • 新網走番外地 (1968)
  • 新網走番外地 流人岬の血斗 (1969)
  • 新網走番外地 さいはての流れ者 (1969)
  • 新網走番外地 大森林の決斗 (1970)
  • 新網走番外地 吹雪のはぐれ狼 (1970)
  • 新網走番外地 嵐を呼ぶ知床岬 (1971)
  • 新網走番外地 吹雪の大脱走 (1971)
  • 新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義 (1972)



なんと全部で18種類!
今回の午後のロードショーではその中から3つが放送されることになります。

 6月24日放送「網走番外地 決斗零下30度」
 6月25日放送「網走番外地 南国の対決」
 6月26日放送「網走番外地 吹雪の斗争」

高倉健さん3連発です!ファンは見逃せませんね。

「網走番外地 決斗零下30度」あらすじ


午後ロード「網走番外地 決斗零下30度」大雪原の対決 3日連続・高倉健!: 週間番組表 : 番組情報 : テレビ東京より引用:



  • ストーリー1

    網走刑務所での5年間の刑期を終えた橘真一(高倉健)は、行くあてもない汽車での旅の途中、遠くノサップにあるサガレン炭鉱まで父に会いにいくのだという少女チエと知り合う。どうせ気ままな1人旅。橘はチエを炭鉱の父親に会わせてやろうと、サガレンで列車を降りる。

  • ストーリー2

    町に着き、馬に何かあったら20ヵ月タダ働きという証文と交換で馬車を借り、チエを炭鉱まで連れていった橘。そこで働いていたチエの父親は、なんと網走刑務所仲間の大槻(田中邦衛)であった。橘は大槻との再会を喜ぶ。しかしその時、炭鉱の現場監督がやってきて大槻に持ち場につけと急かしたてる。

  • ストーリー3

    心根は優しいけれど血の気が多い橘。人を人として扱わない現場監督に怒り心頭!大ゲンカの末、現場監督は橘に殴り倒され、大槻の代わりに橘が炭鉱に入ることを納得させられる。しかし橘に殴られた現場監督は、その腹いせに橘が借りた馬を殺してしまう…。



  • この映画の主題曲であり、高倉健さんが歌っている「網走番外地」ですが、
    「刑務所を美化している」という理由から放送禁止指定を受けていたようです。

    なんでもこの映画が公開された1965年に、
    テイチクがレコ倫を通さず発売して業界内にて問題視されることになりました。

    その後なし崩し的に他のレコード会社からも発売されましたが、
    1972年に各社間での協議により以降レコード化しないという、
    自主規制の取り決めが交わされました。

    当時はヤクザが問題となっていたため、
    それを助長するような歌について厳しかったのだと思われます。

    1980年代末に同制度が廃止されるまでの間、
    発売・放送不可になっていたそうです。

    このように主題歌についてはいろいろ問題があったわけですが、
    映画の内容は戦後の日本を表したすばらしい内容です。

    僕はあんまり見たことがなかったので、
    この機会に見てみることにしました。

    最後に予告編を。



    スポンサーリンク



    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

    nice! 0

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:
    URL:
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    トラックバック 0

    トラックバックの受付は締め切りました
    午後のロードショー

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。