So-net無料ブログ作成
検索選択

ロビンソン・クルーソー 映画 あらすじ 訳 [2013年7月]

スポンサーリンク




映画「ロビンソン・クルーソー」が
テレビで見られます!

ロビンソン・クルーソー(DVD)

ロビンソン・クルーソーのあらすじを紹介したいと思います。

舞台は17世紀です。

イギリス人であるロビンソン・クルーソーは航海に挑みました。

しかし途中、西インド洋で嵐に遭い
ロビンソンが乗った船は大破してしまいます。

そこでロビンソン以外が亡くなってしまいます。

ただひとり生き残ったロビンソンは
ある無人島にたどり着きました。

そしてロビンソンは、
漂着した島をくまなく探索しあるものを発見します。

更に、船に積んであった荷物をいくつか回収することにも成功しました。
その中には水や食料もありました。

そして浜辺に家をつくり、
サバイバル生活を始めます。

誰一人として住んでいない、
無人島で孤独と戦いながら救助船をひらすら待ち続けます。

この孤独で過酷な冒険を通して
ロビンソンが得たものは、一体なんなのでしょうか、、、


実はこの話、
実話が元になっています。

ロビンソン・クルーソーは架空の人物なのですが、
実際に無人島で生活したスコットランドの航海長アレキサンダー・セルカークの、
実話を元にした物語のようです。

セルカークは4年4ヶ月の間、
マス・ア・ティエラ島という無人島で自給自足生活をし、
海賊船に助けられます。

そして、
この島は後にロビンソン・クルーソー島と改名されたようです。

一度はみておきたい物語ですね。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
午後のロードショー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。