So-net無料ブログ作成
2013年6月 ブログトップ

メガシャークvsクロコザウルス 映画 [2013年6月]

6月27日の午後のロードショーは、
「メガシャークvsクロコザウルス」になります!!

メガ・シャークVSクロコザウルス 【DVD】

どのような内容かといいますと、
2009年の「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」の続編に当たります。

ストーリーはけっこうめちゃめちゃで、
巨大生物と米軍との戦いや、
巨大生物同士の派手な戦いが観たい人にいいでしょう。

これに出てくるメガ・シャークは、
サメなんですけどパンパでないサイズです。

実際にはありえない大きさですね。
しかも頭脳も賢いときた!

あの米軍もお手上げ状態です。

そして、クロコザウルスというワニも、
それに負けず巨大です。

これも大きすぎて、恐竜並みです。

この映画を観るとき、大きさについて
嘘だ!ということはタブーです。

実際にその大きさの生物がいると思ってみて下さい。

そして、米軍の賢いとはいえない戦い方も、
この映画ならではの戦い方なので
とにかく巨大生物同士の戦いだけではなく
人類と巨大生物の本気の戦いだと思って見て下さい。

漫画で「花の慶次」というのはご存知でしょうか?
わからなければ、「ジョジョの奇妙な冒険」でも、
「北斗の拳」でも構いません。

たまにとんでもなくおおきな人間が出てくることがありますよね。

普通の人間の3倍〜10倍くらいの大きさ。

あんなふうに、とんでもなく大きなサメやワニが
たまたま(一匹だけ)存在していたと思えば、
少しは自然に見れると思います。

しかしこの映画、
元となった「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」が
好評だったのでしょうか?

まあ個人的には、
これくらい特徴があるほうがインパクトが強く
忘れられない映画になりそうですが。

第三弾はないよな、、、、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

網走番外地 放送禁止? [2013年6月]

2013年6月24日からの午後のロードショーでは、
大雪原の対決 3日連続・高倉健!と称しまして、
網走番外地が放送されます!

網走番外地は全部で何種類あるのでしょうか?
Wikipediaで調べてみました。

網走番外地 (東映) - Wikipediaより引用:



石井監督作品 [編集]

※1965年度 (65年4月~66年3月)、1966度(66年4月~67年3月)

他監督作品 [編集]

  • 新網走番外地 (1968)
  • 新網走番外地 流人岬の血斗 (1969)
  • 新網走番外地 さいはての流れ者 (1969)
  • 新網走番外地 大森林の決斗 (1970)
  • 新網走番外地 吹雪のはぐれ狼 (1970)
  • 新網走番外地 嵐を呼ぶ知床岬 (1971)
  • 新網走番外地 吹雪の大脱走 (1971)
  • 新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義 (1972)



なんと全部で18種類!
今回の午後のロードショーではその中から3つが放送されることになります。

 6月24日放送「網走番外地 決斗零下30度」
 6月25日放送「網走番外地 南国の対決」
 6月26日放送「網走番外地 吹雪の斗争」

高倉健さん3連発です!ファンは見逃せませんね。

「網走番外地 決斗零下30度」あらすじ


午後ロード「網走番外地 決斗零下30度」大雪原の対決 3日連続・高倉健!: 週間番組表 : 番組情報 : テレビ東京より引用:



  • ストーリー1

    網走刑務所での5年間の刑期を終えた橘真一(高倉健)は、行くあてもない汽車での旅の途中、遠くノサップにあるサガレン炭鉱まで父に会いにいくのだという少女チエと知り合う。どうせ気ままな1人旅。橘はチエを炭鉱の父親に会わせてやろうと、サガレンで列車を降りる。

  • ストーリー2

    町に着き、馬に何かあったら20ヵ月タダ働きという証文と交換で馬車を借り、チエを炭鉱まで連れていった橘。そこで働いていたチエの父親は、なんと網走刑務所仲間の大槻(田中邦衛)であった。橘は大槻との再会を喜ぶ。しかしその時、炭鉱の現場監督がやってきて大槻に持ち場につけと急かしたてる。

  • ストーリー3

    心根は優しいけれど血の気が多い橘。人を人として扱わない現場監督に怒り心頭!大ゲンカの末、現場監督は橘に殴り倒され、大槻の代わりに橘が炭鉱に入ることを納得させられる。しかし橘に殴られた現場監督は、その腹いせに橘が借りた馬を殺してしまう…。



  • この映画の主題曲であり、高倉健さんが歌っている「網走番外地」ですが、
    「刑務所を美化している」という理由から放送禁止指定を受けていたようです。

    なんでもこの映画が公開された1965年に、
    テイチクがレコ倫を通さず発売して業界内にて問題視されることになりました。

    その後なし崩し的に他のレコード会社からも発売されましたが、
    1972年に各社間での協議により以降レコード化しないという、
    自主規制の取り決めが交わされました。

    当時はヤクザが問題となっていたため、
    それを助長するような歌について厳しかったのだと思われます。

    1980年代末に同制度が廃止されるまでの間、
    発売・放送不可になっていたそうです。

    このように主題歌についてはいろいろ問題があったわけですが、
    映画の内容は戦後の日本を表したすばらしい内容です。

    僕はあんまり見たことがなかったので、
    この機会に見てみることにしました。

    最後に予告編を。

    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:映画

    アナコンダ 丸呑み 映画 [2013年6月]

    映画 アナコンダ

    2013年6月20日の午後のロードショーは、

    「アナコンダ」驚愕のパワーとスピード!
    巨大蛇の恐怖。木曜は巨大生物

    になります。

    見たことが無い人もいると思いますので、
    アナコンダについて簡単に説明します。

    アナコンダとは?

    アナコンダとは、世界最大の大蛇です。

    牛を飲み込んだりするくらい大きく、
    最大のものでは体長9m、体重はなんと250kgにもなります。

    これでは、
    ムツゴロウさんもひとたまりもありません(笑)


    アナコンダが牛を丸呑み?

    しかも大きな口でなんでも飲み込んでしまいます。

    牛をも飲み込んでしなうその姿は、
    とても蛇とは思えませんね。



    アナコンダのあらすじは?

    さて、本題の映画のあらすじです。

    文化人類学者のケイルは、パートナーのテリー(ジェニファー・ロペス)とともに、
    総員7名の探検隊を組織し、アマゾンに出発することになりました。

    ジェニファー・ロペスが出演したんですね!
    それだけでも観る価値あるかも(笑)

    アマゾンに出発した目的なのですが、
    アマゾンで、"霧の民"と呼ばれるシリシャマ族の
    ドキュメンタリーを製作することですたっだのですが、、、。

    そして探検隊は、
    アナコンダを密漁しているサローンという人物を救出してしまいます。
    それが、彼らの運命を狂わすことに、、、、。

    結構評判の高い映画です。
    ちょっと怖い映画を観たいひとは、
    御覧ください。

    アナコンダに限らず、アマゾンにはワニやピラニアなど
    肉食の生き物が多いです。

    下手すりゃ人間まで食べられかねません。

    アマゾンには絶対に行きたくない!と思っている
    管理人でした^^

    最後に、アナコンダ vs ワニ の動画を御覧ください!
    こんなのがわんさかいるアマゾンには絶対に行きません!



    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:映画

    沈黙の聖戦 動画 セガールおすすめ映画 [2013年6月]

    沈黙の聖戦 放送!

    午後のロードショーで、沈黙の聖戦が放送されます。

    スティーヴン・セガールといえばこの映画!
    という人も多いかと思います。



    2013年6月19日放送です。

    沈黙の聖戦 あらすじ

    ネタバレ注意です!

    なんとアメリカ観光客男女4人がタイで襲撃される事件が起こってしまいます。

    その中の女性は誘拐されてしまい、
    なんと男性は殺されてしまいます。

    実はその誘拐された女性とは、
    上院議員の娘のサラと元CIAの工作員の娘ジェシカだったのです。

    つまり犯行グループは目的があり
    誘拐殺人を行ったということになります。

    犯行グループはテロ組織のため、
    1週間以内に仲間を釈放しろ!という無茶な要求を
    アメリカ政府に叩きつけるのでした…

    そして、娘のジェシカが誘拐されたことを知った
    元CIAの工作員ジェイク(スティーブン・セガール)は
    娘を取り戻すためにタイへと足を踏み入れるのでした…


    果たしてジェイクは、
    娘を奪還することができるのか・・・


    といった内容です。

    スティーブン・セガールのアクション見どころが
    いっぱいの映画になります。

    セガール出演のおすすめ映画は?

    『沈黙の戦艦』も人気がありますね。



    『奪還 DAKKAN』も好きだという人が多いようです。

    紹介ページ↓
    http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD34164/

    ところで、セガールは合気道7段だそうです。
    実際に強いんですね。

    もともとは日本に住んでいたこともあるようです。
    最初の奥さんはなんと日本人でした。

    合気道道場の娘さんであったらしいですが、
    その後に離婚しています。

    日本に住んでいたとは驚きですね。
    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:映画

    マディソン郡の橋のあらすじ、実話? [2013年6月]

    マディソン郡の橋 あらすじ

    マディソン郡の橋はもう18年前も前の作品ですが、
    未だに人気のある映画です。

    その映画が本日の午後のロードショーで放送されました。
    (2013年6月18日)

    あらすじを紹介します。

    アイオワ州マディソン郡という、アメリカとは思えない程の片田舎のお話です。
    この地方独特の、屋根つきの橋の写真を撮りにやってきた『ナショナル ジオグラフィック』誌の
    カメラマンと、その地方に住む小さな農場の主婦が出会いました。


    カメラマンはロバート・キンケイドといいます。
    主婦はフランチェスカ・ジョンソンです。
    夫がいないのと重なって、ごく自然に、二人は恋に落ちました。

    まるで、生まれる前からずっと、相手に向かって歩いてきたかのように、、、。 

    二人とも中年ですが、そんなことは関係ありません。
    ロバートにとってそれが主婦だったとしても、
    恋に落ちてしまったからには関係ないのです。

    運命の相手と出会い、切ないほどに求め合いながらも、
    共に生きることを選ばなかった、大人の男と女の物語です。

    たった4日間の恋を心の中で大切に抱きしめて、
    二人は二度と会うことなく別れてしまいました。

    特に別れ際、フランチェスカが旦那と一緒の車に乗っているシーンで、
    車を降りてロバートのところに走っていきたい衝動にを抑える場面がありますが、
    そこが個人的にかなりぐっときます(T_T)

    最後の名シーンはこちら
    ↓↓↓


    マディソン郡の橋 実話

    さて、このマディソン郡の橋が実話かどうかですが、
    実話ではないようです

    ただ、実話を元にした作品ではあるようです。
    確かにこのような実話は多いでしょうし、、、。

    特にこの映画のような田舎では、
    浮気や不倫が発覚したらその後の生活に大きな影響が出ます。

    絶対にばれないようにしているか、
    もしくはその衝動を抑えているのでしょう。

    そのような実話が元になったようです。
    nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:映画
    2013年6月 ブログトップ
    午後のロードショー

    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。